オンライン英会話・・・フィリピン社会での英語

講師の英語に差があるレアジョブ

フィリピンでオンライン英会話講師をしている方たちは一応大卒ってことですが、経済的には講師の間でも相当格差があるようです。Skypeで部屋の中の様子を見ていて、家がゴージャスな講師は英語の発音がキレイで、家がイマイチというかおビンボーな感じだと英語の発音はかなり訛りの強いアジア英語な講師が多いようです。

キレイな発音の講師達は小さい頃から親にとにかくproperな発音を叩きこまれたようです、キレイな発音で英語が話せなければ将来はない、くらいに言われた講師もいました。やっぱり教育って貧しい状況を打開するキーなんだなとつくづく思ふ。

スポンサーリンク

日常生活ではそれほど英語を使わない感じ

フィリピンは公用語は英語ってことになってるようですが、みんなが英語をしゃべれるわけでなくタガログだったりその土地その土地の方言がメインだったりで、下手すると日常では英語を使う機会が無い、ということもあるようでその対策のためにレアジョブで教えてる、という講師もいました。。。心がけとしては良いと思うが、講師としてはちょっと不安。家族間で話す時は英語じゃないっていう講師はかなり多かったです。学校では英語だけど家では違うみたい。。。

まぁ、日本のインターナショナルスクールもそんな感じだろうけど、それでも英語は達者になるのでそれはそれで良っか。ただ、学校を出た後、英語を意識して使っていかないとどんどん忘れちゃうみたいで、アメリカのテレビ番組をよく見てるという講師が多かったです、なぜかWaking Deadがダントツ人気でゾンビ映画が嫌いな私は対応に困る。

そのあたりの英語事情ってあんま日本と変わらないのかもな、と思いましたが、フィリピンは欧米のコールセンターがたくさんあって、そういう仕事で英語を使う機会を作っているようです。ただ、このコールセンターは本国の欧米時間に合わせて働くのでほとんと夜勤状態でそれでけっこうキツイらしくあまり長続きはしないようです。

私の感想だとレアジョブの講師3人に一人はコールセンター経験者です。

ネイティブのように普通にしていて英語の環境、というのとはやはり違いますね。 よくオンライン英会話を推奨する広告などで「フィリピン人講師の英語はほとんどネイティブ」という言い方されてますが、「それは違うな」とはっきり思った。もちろん、ほとんどネィティブ並みの講師もいるけど大抵は違う。それに意識して話している時は発音キレイだけど、夢中になって話したりするときは変なアクセントが出ちゃう講師も結構多い。

本当にネィティブ英語にこだわるのであればオンライン英会話の中でもちょっと高めになるけど欧米人講師がいるスクールを探した方が良い、というのが私の感想です。

個人的にはラッパーの講師希望。ラッパーで、パリピでYo! Yo! とかバウンスしながらHere we go!!