レアジョブのことをすっかり忘れていた

レアジョブ でいいのか?オンライン英会話

去年の10月から休会しちゃっているオンライン英会話のレアジョブ、退会するつもりでいたのですが、たまにテレカンとかあっていきなり英語を話さなければならない時(しかも不特定多数が聞いている状態で正確に・・・)があり、1日25分でもレアジョブで話す習慣をつけておくととっさの時に言葉が出て来やすいのです。

去年、私は歯の大規模修正(これが自費で痛かった〜、歯より財布の方がはるかに痛かった・・・)をして喋りづらい時があるので電話を通した英語だと、さらに先方に伝わりづらいんじゃないかって気がするのでその辺りも事前にオンライン英会話のレッスンで確認しておきたい。

レアジョブに限らずオンライン英会話はどこも25分で1ユニットになっているようで、講師側は5分のインターバルで休憩したりトイレ行ったりするようですが、レアジョブでは生徒は事前にどんなレッスンをしたいか?というリクエスト出せるのでそのリクエストもチェックしなければいけないだろうから、ゆっくりトイレ行ってらんないんじゃないかと思う。

レアジョブを再開しても良いんだけど、ここは講師の質(主に英語のスキルの部分)にばらつきが大きいので他のオンライン英会話も試してみたいのですがまだカランメソッドのQQ Englishしかお試しできていません。

近日中に2社ほどお試ししておきたいとこです。

↓↓昨日食べた高野のフルーツロワイヤル、ダーイ好きなケーキ。↓↓
以前は2個くらい一度に食べられたのですが、今は一個で十分っす・・・若くねーな、私も、とっくにだけど ( -_-)旦~ フゥ…。



英語力の底上げ

普段の仕事(翻訳、本業のエンジニア業も含め)ではドキュメントを読んだり海外に問い合わせたりの謂わゆる読み書き中心になってしまい、話す機会はどうしても少なくなってしまいます。で、たまに話す機会がある時は失敗が許されない、という恵まれない状況なのです。

自分の仕事の状況を考えると読み書き中心になるより、すべての英語力が必要とされている状況の方が絶対良い状況だと思うので、現状が読み書き中心であってもいつかすべての英語力が必要になる!と考えて全体的な英語力の底上げをしておきたいと思います。

個人的には全てをバランス良くやっておいた方が、英語を読んだり翻訳をやったりする時にスムーズに行くのですが、翻訳者さんの中にはあまり会話の方は自信がない、という方もいらっしゃいますよね。
翻訳者さんであれば基本的な英語力はあるはずなので、少し話す習慣をつけておけばすぐに喋れるようになると思うので勿体無い、ただ最近はネイティブに近い発音も要求されるので年齢が上がると不利かな・・・とも思いますが、そんな時にはこの本を一服。

田代真一郎氏の著書:
「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニア」だった私が、定年後に同時通訳者になれた理由