戸田奈津子、若さの秘訣

友人がオノ・ヨーコの認知症の件で軽くショックを受けておりまして。。。
別にビートルズマニアでも何でもないのですが、彼女曰くああいう元気な婆さん見てると
元気になれたのに・・・とのこと。

確かにこの気持ちはわかるなぁ。

若い頃は老い、というものは全く自分に関係ない他人事だったのに
この頃は、老いや認知症は確実に自分の将来として実感してしまう。
そう、来ぅ〜る ♪、きぃっ〜と来る〜、なやつだから。

オノヨーコも84歳かぁ・・・
ただ、この人って奇行があっても、認知症なのかもともとなのか判別しづらいだろうからなぁ。
ポール・マッカートニー、せっかく来たなら見舞ってやりゃいいのに・・・と思うが絶対しねーだろうな。
そのポールも74歳、今度の誕生日で後期高齢者になっちゃう。

とはいえ、まだ一線で活躍してるからすごいわ。
人間、金を稼げてるうちがハナだよね。

ウチの母の話ですが、ポールよりかちょっと上なのですが、もう、全然ダメ。
自営なのでその気になればもう少し働けるのではないかと思うが、「あそこが痛い、ここが痒い」で医者に行ってもどこも悪いとこないって言われるし。

母の場合は超ネガティヴな性格が絶対健康状態に影響してると思う。
あとは家族に甘えたい、かまってもらいたい、というのもあるらしい。
うーん、母は私が少しでも甘えたりすると、人間失格のごとく叱責して私の甘えを受け止めたり、ましてや慰めてくれたりした事など一度もない。
そんな母に育てられたので母の甘えを持て余す。

そんな時思い出すのは、憧れ(?)の戸田奈津子。

KEEP ON DREAMING 戸田奈津子

奈津子先生、もう81歳ですってよ。

2週間前の『5時に夢中』では1時間の生放送中、失言も失禁もなく、鋭いコメントを発していた、と言いたいとこだけど、MCが原田龍二というイケメンだったせいか、妙に優しかった気がする。

ゴキゲン、ナツコ!

戸田奈津子さんって、若い男性(少なくとも彼女よりふた回り以上年下)に対しては妙に優しいんだよね。
特にイケメンだったりすると、もう雰囲気がいつものナッチじゃない。
声も優しくなるし、いつもの居丈高な感じがなくなってしまい、体調悪いんじゃないかと逆に心配になるが、その心配は無用っす。

やっぱ、若さの秘訣ってイケメンってこと?

若い女性(って言っても彼女より10歳以上くらい下)がインタビュアーとか相手だと、辛辣というかもう見下してるような感じで、何っつうか戦闘モード。

2009年のジョニー・デップ来日の際の平子理沙とのバトルは、ビジュアルで奈津子、不利?!かと思われたが、平子側の「りちゃりちゃ攻撃(平子は46歳の今も自分のことをこう呼ぶ、見習いたいもんだ、( ̄w ̄) ぷっ)」を逆手に取った奈津子の勝利だった。
ってか、平子理沙も自分のファンにしか通じない「りちゃの生涯ガーリー宣言」が奈津子に通じるわけねーだろ、それくらい見抜けっての、頭悪い女だな、と言う世論が巻き起こったかどうかはわかりませんが。

平子理沙、この時↓43歳、この写真集を本屋で見かけた時、深い意味はないのですが、思わずPhotoshopを開発したトーマス・ノール、ジョン・ノール兄弟のことが頭をよぎりました。

平子理沙 写真集 『 heaven 』

でも、2009年って戸田先生、73歳か。

ジョニデをめぐって当時38歳(これもいいトシって言やぁ、いいトシだけど)の平子りちゃとバトるなんて。

やっぱり戸田奈津子、最高だぜ!!ってことで、
冒頭の友人には、たとえオノヨーコが認知症になったとしても日本にはまだまだ元気印のハッスル婆さんはいっぱいいるよ〜!!

とイミフな励ましをしておきました。