ビジネス英会話、オンラインか通学か?大手の有名どころとマイナーをサクっと比較

最近はまた翻訳から遠ざかってしまい、ITの仕事がメインになってきました。

正直、収入的にはその方が効率は良いんですけどね。

最近、サーバーの移管やその他色々あって、海外(ヨーロッパ)のチームとややこしい技術的な話をすることが多いのです。

基本はメールやチャットなどのテキストメッセージでやり取りするのですが、やっぱりラチがあかなくなってくるとテレカンってことになる。

去年一年間は仕事で英語を話す機会はほとんど無かったせいで、久々のテレカンで会話がしどろ&もどろになってしまい、自分に振られた質問の意図がすぐに掴めず、I’m appreciateなんていうフザケた文章を書いてるヤローにアシストされる始末で落ち込みました。

やっぱり、常時会話のトレーニングはしておかないとダメっすね。

これを機にレアジョブを再開しようかな、と思ったり。

ただ、レアジョブって講師の質がピンキリで、大抵はキリでほんの少しピン。

で、そんなピン講師はなかなか予約が取りづらい・・・

キリに当たっちゃうと、自分の同等かそれ以下の講師に当たってしまうこともあり、うーん、いくらリーズナブルでフレキシブルでもこれでは時間のムダ使いになってしまう。

あと、やっぱりネイティブの講師の方が私は良いですね、リスニングを鍛えるという意味では色んな国の講師さんも良いのですが、自分の発音が引きずられてしまうのでお金を出すならやはりキレイな発音の講師の方を取りたい。

あと、最近は比較的時間が融通つくようになったのでオンライン英会話でなくても通学形式でも良いかな。
通学形式だと緊張感が保てるし。

うーん、しかし通勤していた頃なら仕事帰りにレッスン、ってなるけど、今はほとんど家で仕事をしてるのでやはり家にいながらできるオンライン英会話も捨てがたい。

あと、フツーに英会話だと、興味も無い相手のパーソナルな話を延々聞かされる、と言うムダな時間をさけるためビジネス英会話を選びたい。

と、このあたりの要素をつらつら並べて、

  • ネイティブ講師
  • 通学形式
  • ビジネス英会話

の3点をキーに大手のECCシェーン(自宅、またはよく行くエリアにスクールがあるため)、そしてオンライン英会話でマイナーどころのMainichi Eikaiwaをビジネス英会話で比較検討中。(金額は全て税込)

ECC シェーン Mainichi Eikaiwa
レッスン形態 グループ(通学) プライベートレッスン(通学) プライベートレッスン
(オンライン)
レッスン時間&回数 週1回80分 40分/月4回 50分/月4回(12,000円)
50分/月8回(18,080円)
25分/月4回(12,000円)
   
料金(月額) 16,000円~20,693円 28,566円 12,000円~18,080円
入学金 21,600円 21,600円
*別途スクール管理費1,350円必要
なし
受付時間 各スクールによって異なる
大大抵、平日は10:30 または13:30始まり~21:00または22:00
土日:10:30~18:00前後
各スクールによって異なる
大抵、平日は13:00~21:00または22:00
土日:10~18前後
不明(講師によって異なる)
国内のスクール数 ECC外語学院としては188校ですが、子供向けや受験対策に特化したものが別にあり、全体ではかなりの数になります。 207校
東京都87、埼玉県31、神奈川県40、千葉県25、茨城県2、静岡県3、愛知県5、岐阜県1、京都府4、大阪府3、福岡県6
(教室数にはフランチャイズ教室を含むため207校以上になっています)
オンラインのみ

ネイティブ、ということでオンライン英会話はフィリピンや非ネイティブ系大手のレアジョブDMM英会話を敢えて外しました。


Mainichi Eikaiwaは以前にトライアルを受けたときにとても良い印象を持ったのですが、いかんせん知名度が低いことや経営母体が今イチよくわからないところがあって迷うところです。

あと、弱小、と言ったら聞こえは悪いのですが小さいせいか講師の数も少ないので選択肢は狭くなりますね。
とはいえ、私はJessieという女性の講師がとても気に入っています。

が、この講師さん、月曜と木曜の限られた時間しかレッスンしてなくて時間が合わない・・・
(T_T)

ここの欠点は何と言ってもホームページの日本語がところどころぎこちなく、それが胡散臭さにもつながりかねないってとこでしょうね。

実際に問い合わせた時の対応は迅速で良かったんですけどね。


シェーンは確かイギリス英語にこだわっていたハズなのに今はサイトを見る限りそういう記述が無いですね。

2000年頃、シェーンに少し通ったのですが、スコットランド訛りの強い男性講師で何言ってんのかわかんない時もあった(ってか、大半がそんな時?)けど、スパイスの効いたユーモアたっぷりのジョークがとても楽しかった。

イギリス英語にこだわってると経営の面で大変だろうけど、なるべくそういうこだわりとかカラーって持ってた方が良い気がしますけどね。


ECCに関してはどうも商売上手、というかとりたててそれ以外の印象が無い。
大手なのでその点で少し安心(?)な気もするけど、ただビジネス英会話に関していえばレベルが3つしかないグループレッスンなのがネック。

レベルが3つしかないのはザックリ過ぎじゃないでしょうかね・・・

これだとどうしてもレベルが不ぞろいで低い方に合わせてレッスンするか高い方に合わせるかのどっちかになってしまい、どちらの場合でも不満が発生する不毛なシステム。

ここはプライベートレッスンにした方が時間のロスとヘンなストレスは避けられそう。