翻訳会社をもっと理解したくて

今日の東京は観測史上初、11月の初雪とやらで朝からクソ寒です、在宅従事者で良かった。

今日は常々思っている翻訳会社さんとの係りについてなのですが、在宅翻訳者になるパスの一つに翻訳会社でコーディネーターやチェッカーを経験して、というパターンがあります。実は私、密かにこれがうらやましくてしょうがない。

今、私が翻訳を受注して毎回オタオタするのは翻訳会社側がどうなっているかわからない、という部分が大きいと思います。

先日のように受注後に体調不良になってしまった場合など、これ自体、マズイ事だけどせめて事態を最小限のダメージに押さえるソリューションを知っていたら不必要に気を遣ったり、心配し過ぎたりせず適切な対応が取れるのではないか?

翻訳会社さんから翻訳者への仕事の流れはどういう風になっているのだろうか、どういうミスが相手にどれくらい迷惑がかかってしまうのか?また、こちらがすごく気を遣っていることが向うとしてはそれは別に気にしなくていいです、な事かもしれない。(実際、納品の際のファイル名にすごく気を使っていたら、そこはプロジェクト名がわかれば何でも良いですと言われたしまった)

本来は派遣とかバイトとかでも翻訳会社で働いてみる、というのが良いのかもしれませんが、私はITエンジニアとしての仕事もあるのでそれはキツイ。

スポンサーリンク

何とか納期のタイトなIT翻訳以外で翻訳会社さんとつながりを持てないものか?と考えていたら2年ほど前、アメリアの求人で某翻訳会社のDTP募集が出てました。

DTPといえば、私の本業webエンジニアはPhotoshop、 Illustrator、 InDesignなどが入ったAdobeのツールを日常使用するのでやれるかも?

ただ、Web関係でDTPと言った場合はポスター制作や紙媒体の広告物などで翻訳で言うDTPとは違うのかも、と思いましたがDTP募集の条件がPhotoshopとIllustratorあと、Microsoftのオフィス製品に慣れていること、だったのでとりあえず応募してみました。

正直言うとIllustrator(通称、イラレ)はあまり慣れていなくて簡単な修正程度ならできますが、ベジェ曲線で何かを描く、というのはもともと絵心の無い私にはどだい、ムリ。

とりあえずダメモトで応募してみたら面接になり、その後いくつかのサンプルファイルでトライアルっぽいことをして、めでたくこの会社とはDTP契約を結んだのですが、DTPの納期って翻訳と同等かそれ以上に納期がキツかった・・・基本、翌日納品なのです、で、ファイルが来るのが前日の午後から夕方・・・え、夕方?

途中から話が徹夜前提になっていて、「ファイルが夕方から夜にかけてくる場合がありますのでその日は一晩がんばっていただいて・・・」って言うんだけど、一晩徹夜すると、通常に戻すのに2,3日かかるよね、うーーん、納期がタイトなのは翻訳関連業全般なのでしょうか?