アメリアについて、我思ふ・・・

アメリア、今月末まで

約10年近く会員だったアメリアを今月末で退会するという話を以前に書きましたが(こちらの記事)、今月末が近づくにつれ、本当に退会しちゃってOKか?という不安もちらほらと。。。念のためもう少し続けてみる?というのもよぎったりしますが、これって退会できるのが入会月だけなので続けるならもう一年続けなきゃいけなくなるっていうか年会費で引き落とされるので。
まるでスマホの契約月縛りみたいですっきりしない。

アメリアに入会したのは10年前、トロントから帰国してフェローの翻訳通信講座を始めたのがきっかけでした。
入会した当初はアメリアのサイトにアクセスする度にワクワクしたし、在宅翻訳者というのに強いあこがれを持っていました。と過去形で語っているってことはもうそうじゃないのか?って話ですが。

私の気持ちが変わった部分が無いわけでもないのですが、それ以上に世の中も変わってきていて自分のやりたい仕事が必ずしも在宅翻訳でなくてもいいかも?と思えるのです。

この10年ってすっごく世の中変わったと思います、特にスマホやタブレットの台頭とか、クラウドの出現で便利にもなったし面倒臭くもなった。

スポンサーリンク

アメリアの会員サイトへの不満

私のアメリアに対する不満の一つはそうした世の中の流れと離れたところで10年一日の如く運営されている会員サイトの存在だと思います。かつてはあんなに夢と情報をくれたサイトだったのに。今はコンテンツの古さやスピード感の無さにイライラしてしまう。

アメリアサイトは連載コンテンツの竜頭蛇尾っぷりがハンパないっていうか、面白そうな連載モノが始まったと思ってもそのうち尻つぼみになっていつの間にか一年以上更新されてない状態なのです、次はいつ掲載されるんだ?感はガラスの仮面以上っす。
困るのはそのまま消えていったわけではなく前回の内容をすっかり忘れた頃にサラっと更新されたりするのです。連載開始当初がわりと面白そうだなっ♪と思うので余計その後の放置状態が気になる。

ハンパな状態が続くならいっそキリの良いところで「最終回」にして終わらしちゃったほうがすっきりすると思うんですけどね。
実はこの延長で気になっているのがアメリアで9月から始まった新コンテンツ、遠田和子氏の「英訳力アップ、スゴイ動詞を使おう!」というやつ。

英訳は和訳よりも興味があり、この連載がもし今後も定期的に続くのであればアメリアを退会するのを思いとどまるのですが、過去事例から考えるとそのうち更新されない状態が定常化しそうな気がするのです。

とりあえず、9月、10月、11月は続いているようですが。。。まぁ、最初の3回くらいは日記でもジム通いでも続くもんだし。

会員に一年縛りを要求するならそっちも最低1年は定期的にコンテンツを継続してもらいたいもんですわ。

それにしてもこのサイトのコンテンツの古さやこのご時世でスマホに対応しない非レスポンシブさは何だろ?予算が無くて金をかけられないとかっていうより情弱な感じに見えてしまう。