洋書 読みまくる1年にしたい 2020年の目標は10日で1冊

年明けてもう一週間も経っちゃいましたが今さら今年の目標を。

洋書を読みまくる1年にしたい

これにつきますね。

具体的に一か月に何冊、というとまだ明確じゃないのですが。

私の場合、ページ数が300ページ以下だとスルーしちゃうというか、損な気がするというか、そのうちKidleでタダになるのを待とう、とかセコイことを考えちゃう。

ゆえにいつも500ページ前後の厚めの本に手を出すことが多い。

基本的にバイオグラフィーが好きなので波乱万丈な人の人生ってどうしても500ページ以上にはなっちゃうんですよね。

バイオグラフィーの名著、といえばウォルター・アイザックソン著のこのSteve Jobsはハードカバーで656ページ、ペーパーバックだと752ページ

ウチでは神棚?に飾ってあります。

最初は一週間に一冊くらいを目標に・・・と思ったのですが、今日早くも今年一週間経過してまだ一冊も読み終えてない。。。

今、読んでるのは昨年末から読み始めたこちら↓

ジョン・レノンの前妻シンシアが書いたジョンの本。
Kindleで読んでるので何ページかわからないのですが今25%読了。

ってことはこの本は352ページなので、えーっと、あ”-、計算できね~!

まぁ、四分の一で約85ページくらいか(テキトー(^-^;)

ゲッ、それしか進んでないんだ・・・

こんな面白い本なのに。。。

つくづく自分の遅読っぷりに飽きれるっす。

あ、でも、言い訳させていただくと私、絶対に読み飛ばさないんですよ。

わかるまで構文解釈とかするんで。

あと、この手のものはその時代の動画や画像などをついついググってしまったりするのでどうしても進みが遅い。

言い訳はこのヘンにして今週いっぱいには絶対読み終わりたい。
でも、すごく面白い本なので読み終わるのが惜しい気もする。

今、読んでる箇所はチョイ悪のジョンと優等生のシンシアが学校で出会い、魅かれあい、お互い真剣になっていく・・・
が、お互いの家族はこの交際をあんまり良くは思わない。
そして、ジョンのバンド、The Beatlesは少しずつ人気が出始めジョンの周りにはファンの女の子達が群がりだし・・・と言うところ。

シンシアはジョンがツアーで離れているときに他の女のコに興味を持ってしまうのではないかと心配して自分のセクシー写真を彼に送ったりする。
ブリジット・バルドーが大好きなジョン、だからセクシーでゴージャスな女のコが彼のそばにいたりするとシンシアは気が気じゃない・・・

しかし、後年この人↓に奪われることになるとは・・・
オシャカ様でもわかるめぇ

ってことで、これから読書に専念しまーっす、って仕事もまだヒマだしね。

遅読の私は一週間に一冊ペースは無理だけど、10日で1冊はなんとか読み終わりたい!!

AD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!