フリーランスのマンション購入が不利過ぎる件(1)


昨日、こちらのブログでも書いたようにフリーランスの住宅ローン査定は厳しい・・・

やっぱ、世の中、まだまだ正社員であらずば人にあらずまぁ、もう少し抑えて言えば正社員であらずばまっとうな社会人とはみなされずな風潮が強いな~とつくづく思ったことがある、それは人生で多分一番大きなお買い物The 住宅ローン!!実は去年の秋頃から

かなりキビシー!

キビシーだけでなくですね、FPみたいな人もちょっとコンサルを嫌がる傾向にあるんですよね。

私は株やFXといったお金のことは全く疎く、金利だとか財形とかスッゲー疎いんですよ。

FXなんて何かの拡張子だとばっか思ってたもん。

で、これではいかん!と思い、このようなセミナーにも参加してみました。
女性のためのかしこいマンション購入術講座

年収300万、頭金ゼロでもマンション購入可能。。。という事を謳っています。
このセミナー自体はとても勉強になるもので、それまで全くなにも知らなかった私ですが、金利と物件価格の関係とか日銀の低金利政策とか通常だったら寝ちゃうような話を真剣に拝聴しました。

で、このセミナーの主催団体、女性のための快適住まいづくり研究会 の代表:小島ひろ美氏の話も実に面白かったのですが、小島氏曰く、
転職などを考えてる人はとにかく住宅ローンの審査が済むまでは我慢してください、それまではくれぐれもフリーランスにはならないように、もしフリーランスになるのだったら派遣になってください

げ”---、そんなこと言われてもぉ~。。。
( ̄□ ̄;)!!

収入の多寡にかかわらずとにかくフリーランスはno thank youらしい。

正社員 > 契約社員 > 派遣 > フリーランス

現実的に考えると、派遣よりかスキル次第ではフリーランスの方がはるかに収入もあるし一般事務の派遣よりかは通訳、翻訳、エンジニアといったスキルある系フリーランスの方が仕事にあぶれる可能性は低いと思うのだけど、住宅ローン様のお考えは違うらしい。

派遣って一口に言っても時給千数百円のものから5000円以上の高額案件まで様々だと思うけど、全部一括りかよ。

このセミナーはとても有益だったけど、とにかく正社員至上主義が溢れていて、うーん、と思っちゃった。

ってか、今の日本ってそこまで正社員っていうステータスが絶対かぁ?
と思ふ。

だって、いつ、リストラとか倒産とかわかんないじゃん。

シャープや東芝が危ない時代なんだから・・・

このセミナーの中で小島氏はウォーターフロントあたりの高額マンションを購入した事例として外資系金融会社勤務の女性OLの話をするんだけど、外資系ってそもそも何かあればアッサリ、ピンクスリップなんだから、その時の収入で5000万以上とかの物件買うのも危険じゃないかと思うけど。

もちろん、CPAだとかMBAホルダーでどこでも引く手あまたであれば大丈夫かもしれないけど、そういう金融系詳しい人だったらこんなセミナーでFXを何かの拡張子だと思ってるような私と一緒にセミナー受けたりはしねーだろうよ。

で、このセミナーの後に個別相談会があり、そちらにも参加して色々相談に乗っていただいたのですが、また、フリーランスって不利だなぁ~と思う提案を色々聞かされ・・・(続く